検索
検索
メニュー

大和高田市って?

遺跡発掘調査報告

担当 生涯学習課

土庫遺跡群

土庫長田遺跡調査区全景

土庫環濠集落北側、藤森環濠集落南側に位置する縄文時代から江戸時代にかけての遺跡です。池尻遺跡と同様に、中和幹線道路の新設工事にあたり発掘調査が行われました。小字名から、土庫長田遺跡、土庫丑寅遺跡、土庫東遺跡の3つに区分されています。調査の結果、土庫長田遺跡では古墳時代の河道と竪穴式住居13棟・掘立柱建物1棟・小区画水田・平安時代の条里制水田、土庫丑寅遺跡では弥生時代の粘土採掘用とみられる土坑、土庫東遺跡では弥生時代の河道などを検出しました。土庫長田遺跡では、河道や住居、小区画水田の上部に堆積した、洪水によって運ばれた土から土器類が多量に出土し、河道と住居は古墳時代中期、小区画水田は古墳時代後期のものと考えられます。河道、住居からは韓式系土器と呼ばれる朝鮮半島の影響を強く受けた土器が出土しました。この韓式系土器は、日本の土師器の影響を受けている点が認められ、このことから、この集落に住んでいた人々は、日本列島へ土着した朝鮮半島系の人々と推測されます。

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す