検索
検索
メニュー

市民の方へ

大地震に備える

担当 危機管理課

東南海・南海地震のような大地震がおこると、交通は寸断され、建物の崩壊、火災、通信手段の混乱などによって、公的機関の 救助活動や救援活動が十分におこなえない場合があります。そこで、ふだんから大地震に備えて、すぐに持ち出せるように、非常持出品や備蓄品の準備・点検をしておきましょう。

非常持出品

非難する時、まず最初に持ち出すべき最小限の必需品です。男性で15キログラム、女性で10キログラム程度で、背負いやすい リュックサックにまとめておきましょう。

貴重品

現金、預貯金通帳、印鑑、健康保険証、免許証、権利証書、住所録のコピーなど

貴重品

携帯ラジオ

小型でFMとAMの両方聴けるもの。予備の電池も多めに用意する。正しい災害情報等を得るのに必要。

携帯ラジオ

非常電灯

懐中電灯、ろうそくなど。予備の電池も用意する。停電時や夜間の移動に必要。

非常電灯

ヘルメット

ヘルメット、防災ずきんなど。避難時に頭部を守るのに必要。

ヘルメット

非常食

カンパン、缶詰、ドライフーズなど、最低3日分ぐらい用意するとよい。火を通さなくても食べられるものがよい。

飲料水

ミネラルウォーターなど。1人1日3リットルを目安に用意する。

飲料水

生活用品

ライター、ナイフ、缶切り、ティッシュ、ビニール袋、コップ、わりばしなど。

生活用品

衣類

下着、上着、手袋、靴下、雨具、タオルなど。赤ちゃんがいる場合は紙おむつ

衣類

応急医薬品

ばんそうこう、包帯、胃腸薬、消毒薬、傷薬、鎮痛剤、目薬、持病のある人は常備薬も忘れずに。

応急医薬品

非常備蓄品

災害復旧までの数日間をまかなえるように準備しておくもの。できれば5日分を用意しましょう。
  1. 非常食

    そのまま食べられるもの、または簡単な調理で食べられるもの。 アルファ米やレトルトのごはん、保存の利くパン、缶詰、インスタントラーメン、 切りもち、梅干し、チーズ、チョコレート、氷砂糖など。

  2. 飲料水

    飲料水は、1人1日3リットルが目安。ミネラルウォーターの保存期間は、 ペットボトルで2年、缶入りで3~5年程度。

  3. 燃料

    短期間なら、卓上コンロや携帯コンロおよび固形燃料で十分。ガスボンベも 多めに。

  4. 生活用品

    毛布、寝袋、洗面用具、ポリ容器、なべ、やかん、バケツ、カイロ、 ビニールシート、新聞紙など。

非常備蓄品

阪神・淡路大震災では、こんなものが役立ちました!10円玉、ドライシャンプー、ボディー洗浄剤、ホイッスル、ポリ容器、携帯コンロ、バール、予備のめがね・補聴器など

 

消火・救助用具も忘れずに

地震発生後の火災や家屋の倒壊などに備えて、消火器などの消火用具や、救急活動に使える工具類も準備しておく(消火器、三角バケツ、風呂などの水のくみおき、スコップ、バール、のこぎり、ジャッキ)など

家の中に、家具のない安全なスペースを確保する。部屋がいくつもある場合は、人の出入りが少ない部屋に家具をまとめて置く。無理な場合は、少しでも安全なスペースができるよう配置換えをする。

家の中に、家具のない安全なスペースを確保する。

寝室や子ども、高齢者のいる部屋に倒れそうな家具を置かない。寝ている間に地震が発生した場合、子ども、高齢者、病人などは、倒れた家具がさまたげとなって、逃げ遅れる可能性があるので、十分に注意する。

寝室や子ども、高齢者のいる部屋に倒れそうな家具を置かない。

家具の転倒や落下を防止する対策をとる
家具と壁や柱の間に遊びがあると倒れやすく危険なため、家具の下に小さな板などを差し込んで、壁や柱に寄りかかるように固定する。また、家具の上に落ちる危険のあるものを置かない。
食器棚:扉に止め金具等を付けて、中の食器の飛び出しを防止する。また、ガラスが飛散しないように、フィルムを貼る
照明器具:鎖と金具を使って数か所固定する
テレビ:できるだけ低い位置で固定する
タンス:L字金具や支え棒などで固定する
冷蔵庫:金具などで壁に固定する
ピアノ:脚に滑り止めをつける

家具の転倒や落下を防止する対策をとる

安全に避難できるように、出入口や通路には物を置かない。玄関など出入口までの通路に家具や倒れやすい物を置かない。また、いろいろな物を置くと、いざという時に出入口をふさいでしまうことがある。

安全に避難できるように、出入口や通路には物を置かない。

家の周囲の安全対策

  • ガラス

    飛散防止フィルムを貼る。

  • 屋根

    アンテナはしっかりと固定する。
    屋根瓦をチェックして、ひび割れ、ずれ、はがれがある場合は補強しておく。

  • ベランダ

    植木鉢や物干し竿など、落下の危険性がある物は防止策をとる。
    ベランダから避難できるよう、いつも整理整頓しておく。

  • ブロック塀

    土中に基礎部分がないもの、鉄筋が入っていない物は補強する。
    ひび割れや傾き、鉄筋のさびがある場合は修理する。

  • プロパンガス

    ボンベを鎖で固定しておく。

 

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す