検索
検索
メニュー

市民の方へ

火災を防ごう

担当 危機管理課

住宅用火災警報器の設置

すべての住宅に、火災警報器の設置が義務付けられています。取り付け場所は、寝室と、寝室が2階などの場合は階段の天井または壁にも取り付けます。必要に応じて他の部屋にも設置すると、さらに安心です。住宅用火災警報器は、防災設備取扱店や電器店、ホームセンターなどで購入できます。購入の目安として、NSマーク(日本消防検定協会鑑定マーク)が付いているものを選びましょう。
※全国で、悪質な業者による火災警報器の訪問販売被害が発生しています。ご注意ください。
奈良県広域消防組合消防本部

防火10か条

  1. 1.ストーブの周囲はスッキリと
  2. 2.揚げ物のときは、その場を離れない
  3. 3.寝たばこ、ポイ捨て厳禁
  4. 4.放火させない環境づくり
  5. 5.強風の日のたき火は危険
  6. 6.子どもには、マッチやライターで遊ばせない
  7. 7.風呂の空だきをしない
  8. 8.コンセントにこまめな気づかい
  9. 9.就寝前の火の用心
  10. 10.消火の備えを万全に

初期消火の3原則

  1. 1.早く知らせる
  2. 2.早く消火する
  3. 3.早く逃げる

火元別初期消火方法

  1. 【油なべ】

    水をかけるのは厳禁。消火器がない場合は、濡らしたタオルをかける

  2. 【石油ストーブ】

    真上から水をかける。石油がこぼれたら、毛布でおおってから水をかける

  3. 【衣類】

    衣類に火がついたら、転がりまわって消す

  4. 【風呂場】

    すぐに戸を開けない。ガスの元栓をしめ、徐々に戸を開けて、一気に消火する

  5. 【電気製品】

    いきなり水をかけず、まずプラグを抜いて消火する

避難のポイント

  1. 1.天井に火の燃え移った時が避難の目安
  2. 2.避難は、高齢者、子ども、病人、障がい者を優先
  3. 3.服装や持ち物にこだわらず、早く避難する
  4. 4.足元に注意し、炎の中は、一気に走り抜ける
  5. 5.煙の中を逃げるときは、姿勢を低くする
  6. 6.いったん逃げ出したら、再び中に戻らない
  7. 7.逃げ遅れた人がいるときは、消防隊に知らせる

 

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す