検索
検索
メニュー

市民の方へ

いざというときの応急手当

担当 危機管理課

応急手当

出血がひどい時

傷口を圧迫する。そして、傷口を心臓より高くする。

骨折の疑いがある時

動かさないよう、患部を固定する。

ねんざした時

患部を冷やす。

やけどをした時

水で冷やす。また、水泡をつぶさないようにする。

救急救命法

人が倒れていたときには、一刻を争う場合があります。まずは、倒れている人の肩を、軽くたたきながら呼びかけ、意識がない場合には、すぐに心肺蘇生法をおこなうとともに、協力してくれる人を大声で求め、救急車を呼びましょう。

  1. 1.意識があるかを確認する
  2. 2.意識がないときは、あおむけに寝かせ、気道を確保する
  3. 3.呼吸の有無を確認する
  4. 4.呼吸をしていないときは、人工呼吸をおこなう
  5. 5.人工呼吸をおこなった後、心臓マッサージをおこなう
  6. 6.人工呼吸を2回、心臓マッサージを15回、これを繰り返す。

命を救うAED(自動体外式除細動器)

AED.jpgAED(自動体外式除細動器)は、心臓の筋肉が震え、血液を送り出すことのできない「心室細動」により心停止を起こした際、電気ショックにより、心室細動を取り除く器具です。
AEDには音声案内機能があり、案内に従って操作すれば、だれでもこの機器を使って救命することができます。

【AEDの使用条件】
・意識がない
・呼吸をしていない
・1歳以上
※医療従事者のみ、「脈がない人」 にも使用できます。

【使い方】
1、フタを開ける
 フタを奥までしっかり開けると、自動的に電源が入り、音声案内が流れます。

2、心停止を起こした人に、パッドを貼る

AED1.jpg yajirushi.jpg AED2.jpg yajirushi.jpg AED3.jpg
上半身の衣服を脱がせる   パッドの青いシートをはがし、右胸の上部に貼る   もう1つのパッドからも青いシートをはがし、左の脇腹に貼る

パッドを貼ると、心電図の解析が始まります。体に触らずに、次の音声案内を待ちます。

3、本体の「ショックボタン」が点滅し、ボタンを押すよう音声案内が流れたら、周囲の安全を確認し、ショックボタンを押す(音声案内後、30秒以内)

shock_button.jpg

※AEDが心電図を解析した結果「電気ショックは必要ない」と判断した場合、ショックボタンは点滅しません。音声案内に従い、「胸骨圧迫」「人工呼吸」を始めてください。

【小児(1歳以上8歳未満)に使用する場合の注意事項】
・1歳以上8歳未満の小児には、小児用パッドを使用してください。
・小児用パッドが近くにないなどやむをえない場合には、2枚のパッドが触れ合うことがないよう注意して、成人用パッドを代用してください。
※成人用パッドの使用についての有効性・安全性は確認されていません。 

【市内のAED設置場所】
こちらをご覧ください。  

受講しませんか「救命講習」

自治会主催の救命講習会

高田消防署では、定期的に「救命講習」を開催します。 自治会、グループ等の単位で、受講を希望される人は、高田消防署救急係(電話0745-25-0119)まで連絡してください。

参考資料:市広報誌2005年1月号「防災・たかだ5

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す