検索
検索
メニュー

市民の方へ

台風に気をつけて

担当 危機管理課

ほぼ毎年、定期的にやってくる台風。激しい豪雨による土砂災害の犠牲になる人が多く、自然災害による犠牲者の半数近くを占めています。本市では、土砂災害はまれですが、小河川があふれる災害が起こることがあります。家族の安全と財産を守るためには、日ごろからの備えが大切です。

家の内外の風水害対策

屋内では

  • 停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオの準備を
  • 避難に備えて貴重品などの非常持出品の準備を
  • テレビやラジオなどで、最新の気象情報に注意をはらう
  • 断水のおそれもあるので、飲料水を確保しておく
屋内では

外壁・塀など

  • モルタルの壁に亀裂はないか
  • 板壁に腐りや浮きはないか
  • ブロック塀にひび割れや破損箇所はないか
  • 雨どい・雨水ますの掃除はしているか
  • 側溝にゴミや木の葉が、たまっていないか
  • プロパンガスボンベは固定されているか

屋根

  • 瓦のひび・割れ・ずれ・はがれはないか
  • トタンのめくれ・はがれはないか

窓ガラス

  • ひび割れ、窓枠のがたつきはないか。また飛来物に備えて、外側から板などでふさぐ

洪水の時の避難ポイント

履物

長靴より、ひもでしめられる運動靴がよい。

履物

ロープでつながって

はぐれないようお互いの体をロープで結んで避難する。

ロープでつながって

歩ける深さ

歩ける水深は、一般的に「ひざ下」まで。
水深が腰まである場合、無理は禁物。高い場所で救援を待つ。

歩ける深さ

足元に注意

水面下には危険が潜んでいます。長い棒を杖代わりにして、安全確認しながら歩く。

足元に注意

子どもや高齢者を安全に

高齢者や病人などは背負う。幼児は浮き袋等で安全を確保する。

子どもや高齢者を安全に

 

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す