検索
検索
メニュー

市民の方へ

国民年金

担当 市民課

年金制度は、年をとったときや、不慮の事故で障害者になったときなどに、生活を安定させるもので、20歳から60歳までの、すべての人が加入することなっています。

加入しなければならない人

  • 第1号被保険者

    20歳以上60歳未満で、学生や自営業者とその家族

  • 第2号被保険者

    サラリーマンなど厚生年金の被保険者本人および共済組合の組合員

  • 第3号被保険者

    厚生年金や共済組合などの加入者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人

任意加入できる人

  • 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の人(ただし、老齢基礎年金を受けている人は除く)
  • 日本国籍を有し、外国に居住している20歳以上65歳未満の人
  • 日本に住所を有する65歳以上70歳未満の人(昭和40年4月1日以前生まれで、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない人に限る)等

支給される年金

  • 老齢基礎年金

    保険料を納めた期間と免除された期間および合算対象期間を合わせて10年以上ある人が、65歳に達したときに支給されます。なお、希望すれば60歳からでも受けられます。(ただし年金は減額されます。)

  • 障害基礎年金

    国民年金の被保険者期間中に初診日がある病気・けがで障害者になったときで、障害の程度が国民年金法施行令で定める1級または2級の状態にあるとき(被保険者の資格を喪失したあとでも、60歳以上65歳末満で国内在住中に初診日がある病気・けがで障害者になったときを含む)
    被保険者期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除期間を合算して3分の2以上あることが必要です。ただし、初診日が平成38年3月31日までにある場合は、直近の1年間に保険料の未納がなければ、支給されることになっています。

  • 遺族基礎年金

    国民年金に加入している人や老齢基礎年金を受ける資格のある人が、死亡したときは死亡した夫の子(18歳到達年度の3月31日までの人または、1・2級の障害状態にあり、20歳未満の人に限ります)と生計を同じくしている妻または子に支給されます。<ただし、死亡した人の保険料納付済期間と保険料免除期間を合算して3分の2以上であることが必要です>

独自の給付

  • 付加年金

    定額保険料に、付加保険料を上積みして納めた人には、年金額が増額されます。

  • 寡婦年金

    老齢基礎年金の受給資格を得た夫が、年金を受けないで死亡した場合、婚姻期間が10年以上あった妻に、60歳から65歳までの間支給されます。

  • 死亡一時金

    3年以上国民年金保険料を納めた人が年金を受給しないで死亡したとき、その遺族に支給されます。(ただしその遺族が遺族基礎年金を受けられる場合には支給されません)

手続き

  • 国民年金に加入している人が死亡したとき

    遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金の給付を受ける場合は、市民課年金係へお問い合わせください。

  • 保険料の免除

    経済的な理由などで国民年金保険料を払うことが困難なときは、申請することにより保険料が免除される場合があります。
    学生の場合は、学生納付特例制度があります。免除手続きは、市民課年金係までお越しください。詳しくは、市民課年金係へ。

  • 口座振替による保険料納付の手続き

    国民年金保険料の口座振替納付を希望の人は、国民年金保険料納入通知書・預金通帳・通帳に使用している印鑑の3つを持参し、金融機関または年金事務所で手続きしてください。
    一度手続きしていただきますと、納め忘れがなく大変便利です。

  • 厚生年金などの加入者の扶養からはずれたとき

    会社員や公務員等に扶養されている配偶者で、夫や妻が仕事を辞めたり、離婚して扶養からはずれた場合、または自身が就職して収入が一定の額を越えたため扶養からはずれた場合には、切り替えの手続きが必要となります。
    扶養からはずれた日付の確認できるもの・年金手帳・印鑑の3つを持参して、市役所市民課年金係へお越しください。

  • 会社などを退職したとき

    会社などを60歳になる前に退職し、厚生年金や共済組合の加入者でなくなったときは、国民年金に加入しなければなりません。
    加入の手続きは、年金手帳・退職日がはっきり確認できる書類・印鑑の3つを持参で、市役所市民課年金係へお越しください。

  • 国民年金を受ける手続き

    年金は、受給資格があっても請求しないと受けられません。
    国民年金だけに加入していた人は、65歳の誕生日がきたら老齢基礎年金の手続きをしてください。
    老齢基礎年金の請求手続きは市役所でできますが、手続きに必要な書類は個人個人、それぞれ違ってきます。(但し、1か月でも第2号・第3号被保険者期間のある人は、年金事務所で手続きをしてください。

こんなとき、どうする?

こんなとき どうする 届出先
資格 20歳になったとき 厚生年金、共済組合に加入していない方は国民年金に加入する 市役所
会社を退職したとき 国民年金加入の手続きをする 市役所
結婚や退職などで、配偶者の被扶養者となったとき 第3号被保険者への種別変更の手続きをする 配偶者の勤務先
配偶者の被扶養者でなくなったとき 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする 市役所
年金手帳をなくしたとき 再交付の手続きをする 市役所または年金事務所


口座振替で納付したいとき 口座振替の依頼書を提出する 年金事務所
金融機関
郵便局
納付書を紛失したとき 再交付の申請手続きをする 年金事務所
収入が少なく、納付が困難なとき 免除(全額・一部)・納付猶予の申請をする 市役所
学生なので収入が少ない 学生納付特例制度の申請をする
年金受給 老齢基礎年金を請求するとき 老齢基礎年金の裁定請求手続きをする 1号期間のみ/市役所
3号期間を含む場合/年金事務所

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す