検索
検索
メニュー

市民の方へ

集団検診

担当 健康増進課

検診 内容 対象 備考
胃がん 発泡剤・バリウム(造影剤)を飲んで
レントゲン撮影
40歳以上 注意事項
肺がん・結核 肺のレントゲン撮影
(必要時、喀たん検査)
40歳以上 注意事項
大腸がん 検便による2日分の便潜血反応検査 40歳以上 注意事項
歯科(検診) 歯科医師による歯周疾患の検診
歯科衛生士によるブラッシング指導
40歳以上  

※日程、費用など詳しくは、保健センター発行の「保健事業のご案内(平成31年度)/保健事業のご案内(平成30年度)」でお知らせしています。

がん検診を受けることができない人

次の人は、集団の検診を受けられない場合があります。
※検診を希望する人は、医療機関または、保健センター(電話:0745-23-6661)へご相談ください。

  • 以前にバリウムが肺に入ったり、ひどくむせ込んだことがある方
  • アレルギー体質で過去にバリウム・発泡剤・下剤で発疹等が出たことのある方
  • 以前にバリウムを飲んで、ひどい便秘になったことのある方
  • 頑固な便秘の方(胃の検診後、下剤でバリウムが出ない場合は、腸が閉塞する危険性があります)
  • 1年以内に胃など消化器系の手術をした方
  • 1か月以内に胃や腸の検査をした方、またはポリープを切除した方
  • 腸に狭窄がある方
  • 最大血圧が、200mmHg以上の方
  • 動脈瘤がある方

※  現在、医療機関で胃・肺・大腸の病気で経過観察中の方、治療中の方は、必ず事前にかかりつけ医にご相談ください。
※検診部位に対して症状がある方は、検診の対象ではありません。医療機関を受診してください。
※  胃がん検診を受けられる方で服薬の必要な方、および食事療法を行っている方は、検診当日は服薬・飲食ができませんので、かかりつけ医への相談が必要です。内服する必要がある場合は、朝7時までにお飲み下さい。
※  検診者は、2段の階段の昇降があります。階段の昇降が難しい方、難聴・認知症の方は、事前にご連絡ください。

(事前手続き必要) 保健事業料免除のお知らせ

次の人は、検診料が免除になります。
(特定健診を除く)

(1) 生活保護法による被保護世帯に属する人は全額免除します。
 ★生活保護受給証明書の持参は不要です。
   (ただし、本市以外で受給されている方はご持参ください)

(2) 市民税非課税世帯に属する人は全額免除します。
★未申告の方は、保健センターでは確認できませんので、印鑑と本人確認できるものを持参して、市役所税務課へ申請が必要です。

※上記(1)(2)の人は事前に保健センター窓口へ申請してください。
確認後、「免除証」を発行します。本人又は、家族がお越しください。それ以外の場合は委任状が必要です。
委任状見本
★がん検診料につきましては、70才以上(当年度に70歳になる方含む)の方は、免除します。
※詳細は、保健センター発行の「保健事業のご案内(平成31年度)/保健事業のご案内(平成30年度)」をご覧ください。

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す