検索
検索
メニュー
  • ホーム
  • お知らせ
  • 医療職用ガウンの作成協力と家で眠るビニール製レインコート提供のお願い

お知らせ

医療職用ガウンの作成協力と家で眠るビニール製レインコート提供のお願い

 大和高田市立病院から、院内感染を予防するために看護師たちが使用する医療用のガウンが不足しているので、代替品の作成をお願いしたいと申し出がありました。
 市立病院では、一日約200~300枚の医療用ガウンを必要としています。現在、発注していますが、入荷していない状況です。そこで、緊急に市職員を動員し、代用品としてポリ袋を利用した簡易ガウンを作成したところです。
 この度は、さらに、広く市民のみなさまに作成のご協力をお願いするものです。
 作り方は、こちらをご覧ください。(大原綜合病院 資材試作プロジェクト作成より引用)
 また、ご家庭で眠るビニールのレインコート(未使用)の提供も併せてお願いいたします。
 看護師の感染を防ぎ、媒介することを防ぐことで、身近な医療を守るため、ご協力よろしくお願いいたします。
 なお、ご協力いただく場合は、マスクの着用、手指消毒、清潔な環境(作業台の消毒など)にて作成していただきますようよろしくお願いいたします。着用者が動物アレルギーである方もいらっしゃいますので、ペットの出入りする部屋での作成はお控えください。

【作成にあたってのお願い】
・ガウンの胴体、袖の部分の後側に切り目を入れる際は、目印としてマジックで黒い線をひいてください。袖の後ろは、上を10cmほど残して、縦に切り込みを入れてください。
・袖口の大きさは8cmになるように折り曲げてください。
・袖口には親指が入るように2~3cmの場所に1~2cmの縦の切り目を入れてください。

募集内容

(1)ビニール製レインコート(未使用のもの)
(2)ポリ袋で作成した簡易ガウン(作り方は上記PDFを参照)

(2)を作る際、市民のみなさんにご用意いただきたい物

・70ℓの透明ビニール袋(2枚で1着作れます)
・養生テープ(幅4~5cm)
・はさみ

募集期間

5月7日(木)~5月24日(日)(各回収場所の開館時間内)

回収場所

(1)市民交流センター(5月7日、18日休館)
(2)保健センター(土・日曜日休館)
(3)葛城コミュニティセンター(月曜日休館)
(4)ゆうゆうセンター(月曜日休館)
※回収にあたって、接触を避けるため、職員に手渡さず、各回収場所の回収箱に入れてください。

rs320-IMG_9446.jpgrs320-IMG_9470.jpg
※写真は本市職員がポリ袋を使用して、簡易ガウンを作成した時のものです。(5月7日撮影)

医療用ガウン1000着のご寄附をいただきました

5月18日(月)に医療用ガウンを1000着分、匿名にてご寄附いただきました。
寄附者の方は、匿名を希望されており、名前を伝えられませんでしたが、配送いただいた業者の方によると、
「寄附者の方が、大和高田市のホームページで大和高田市立病院の医療用ガウンが不足しており、職員の皆さまで作成している姿を確認され、お役に立てればと思い寄附されたようです。」と話しておられました。


【堀内市長より感謝のコメント】
「大和高田市立病院では医療用ガウンが不足しており、このような寄附をいただいたことは、非常にありがたいことです。有効活用させていただきたいと思います。」

【新型コロナウイルス感染症対策本部より】
大和高田市および大和高田市立病院においても、このような心温まるご寄附を頂戴いたしましたことに心から感謝申し上げますとともに、この度市民の皆さまにお知らせさせていただきました。
5月7日(木)からホームページにてご協力のお願いをしておりますが、現時点で皆さまから、たくさんの支援をいただいております。5月24日(日)まで引き続き受付しておりますので、よろしくお願い致します。

rs320-rs-IMG_0865.jpgrs320-rs-IMG_0878.jpg

〔新型コロナウイルス感染症対策本部〕

2020年5月 1日お知らせ新着情報

  • 組織から探す