検索
検索
メニュー

お知らせ

避難所での新型コロナウイルス感染症対策等について

 大和高田市では、気象警報が発表された場合、昼夜を問わず自主避難所の開設を行っております。避難所では、新型コロナウイルス感染症予防対策も行っておりますので、自主避難所の利用を検討される場合は、早めに避難を開始してください。
 本年度、気象警報報発表に伴う自主避難所として開設するのは、総合福祉会館(ゆうゆうセンター)・武道館・葛城コミュニティセンターの3か所です。
 昨年度まで使用していました菅原校区公民館は、浸水想定区域の見直しにより、大雨・洪水の際に使用することができなくなりましたのでご注意ください。(地震による災害につきましては、引き続き被害状況に応じて開設を行います。)
 なお、新型コロナウイルス感染症対策として、避難所入口では、皆さんに検温及び問診をさせていただきますので、ご協力をお願いします。検温及び問診で異常があった場合は、通常の避難者とは別の部屋に避難していただきます。
 また、避難所内では、避難者の間隔を空け、手洗いや手指消毒、マスクの着用などの感染症対策にも合わせてご協力をお願いします。
 さらに、気象状況の悪化等により、より多くの避難スペースが必要になったときは、さざんかホールと陵西小学校を追加の避難所として開設する予定をしております。開設を行う場合は、市のホームページやテレビのデータ放送などでお知らせをしますので、確認してください。
 
 本市として、できる限りの対策をいたしますが、避難所への避難による“密”を避けるため、以下のとおり分散避難にもご協力をお願いします。
 
(1)自宅等が洪水被害で浸水する恐れがあるのかを確認
 今年の5月に配布させていただきました「大和高田市洪水・地震ハザードマップ」で洪水による浸水の危険性および浸水深(2階以上でも浸水するかなど)を確認し、自宅などから避難する必要があるかご確認ください。(ハザードマップは、市内の公共施設にも配置されております。)
 
(2)親戚や友人、知人宅への避難
 親戚宅等が洪水被害の可能性が無い場合、そちらへの避難もご検討いただき、早めの避難をお願いします。
 
 
※自主避難の場合、市の指定避難所では、食料や水、毛布等の提供は原則行っておりませんので、避難される場合は、ご持参いただきますようお願いします。
 
(注)災害に対しては、早めの避難が重要ですが、すでに避難経路が浸水しているなど、避難所等への移動がかえって危険な場合は、近隣の高い建物や自宅の2階などの高い場所への避難(垂直避難)も検討する必要があります。
 
★新型コロナウイルスの濃厚接触者として保健所から自宅待機を指示されておられる方が、市の指定避難所への避難を検討されている場合は、避難場所をご案内しますので、まず市役所までお電話ください。
電話0745-22-1101(代表)
【危機管理課】

2020年7月 6日お知らせ新着情報

  • 組織から探す