検索
検索
メニュー

市民の方へ

手帳の交付を受けるには

担当 社会福祉課

身体障害者手帳

身体に障がいのある方が様々な援助を受けるためには、まず身体障害者手帳の交付が必要です。
対象となる障がいの種類には、1視覚、2聴覚、3平衡機能、4音声・言語・そしゃく機能、5肢体不自由(上肢、下肢、体幹、脳原性)、6内部障害(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸、免疫、肝臓機能)の各障がいで、その程度により1級から6級に区分されています。

申請に必要なもの

各種申請に必要なものを以下に掲載しています。
なお、身体障害者手帳交付申請書および各診断書の様式は、社会福祉課にあるほか、奈良県障害福祉課のページからダウンロードできます。

新規交付
  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 診断書(様式の指定あり。また、指定医師の診断を受けたものに限る)
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの。ポラロイド写真や家庭でのプリント写真は不可)
  • 印鑑
障害名追加・等級変更などによる再交付
  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 診断書(様式の指定あり。また、指定医師の診断を受けたものに限る)
  • 写真1枚
  • 印鑑
  • 現在お持ちの身体障害者手帳
破損による再交付
  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 破損した身体障害者手帳
  • 写真1枚
  • 印鑑
紛失による再交付
  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 紛失届(用紙は社会福祉課にあります)
  • 写真1枚
  • 印鑑

住所が変わる場合

県外・市外からの転入、市内転居

身体障害者手帳の住所欄を書き換えますので、以下の書類を持って社会福祉課へお越しください。

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 印鑑
  • 現在お持ちの身体障害者手帳
大和高田市から転出する場合

特にお手続きは必要ありません。

氏名・保護者に変更がある場合

身体障害者手帳の氏名欄・保護者欄を書き換えますので、以下の書類を持って社会福祉課へお越しください。

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 印鑑
  • 現在お持ちの身体障害者手帳

療育手帳

知的障がいの方が様々な援助を受けるためには、まず療育手帳の交付を受けることが必要です。障がいの程度は、知能の発達、社会性、日常生活動作等を年齢に応じて総合的に判定し、A1(最重度)・A2(重度)・B1(中度)・B2(軽度)に区分されます。(都道府県によって障害程度の区分表示が異なる場合があります。)
さらに交通機関を利用する際の割引対象者としてA1・A2・(旧様式の療育手帳ではAのみの表記もあり)と判定された方は、第1種知的障害者、B1・B2・(旧様式の療育手帳ではBのみの表記もあり)と判定された方は第2種知的障害者と区分されています。 判定は、18歳未満の方は高田こども家庭相談センター、18歳以上の方は更生相談所において行われます。

申請に必要なもの

各種申請に必要なものを以下に掲載しています。
なお、療育手帳交付等申請書については、社会福祉課にあるほか、奈良県障害福祉課のページからダウンロードできます。

新規交付
  • 療育手帳交付等申請書
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの。ポラロイド写真や家庭でのプリント写真は不可)
  • 印鑑
障害程度の変更による再交付
  • 療育手帳交付等申請書
  • 写真1枚
  • 印鑑
  • 現在お持ちの療育手帳
破損による再交付
  • 療育手帳交付等申請書
  • 写真1枚
  • 印鑑
  • 現在お持ちの療育手帳
紛失による再交付
  • 療育手帳交付等申請書
  • 写真1枚
  • 印鑑
  • 紛失届(用紙は社会福祉課にあります)

住所が変わる場合

県内市町村からの転入、市内転居

療育手帳の住所欄を書き換えますので、以下の書類を持って社会福祉課へお越しください。

  • 療育手帳交付等申請書
  • 印鑑
  • 現在お持ちの療育手帳
県外からの転入

奈良県外から転入された場合、新たに交付申請が必要となります。

  • 療育手帳交付等申請書
  • 写真1枚
  • 印鑑
  • 現在お持ちの療育手帳
  • 判定資料活用申出書
大和高田市から転出する場合(県内)

特にお手続きは必要ありません。
転出先の自治体でお手続きください。

大和高田市から転出する場合(県外)

下の書類を持って社会福祉課へお越しください。

  • 療育手帳交付等申請書
  • 印鑑
  • 現在お持ちの療育手帳

氏名・保護者に変更がある場合

療育手帳の氏名・保護者欄を書き換えますので、以下の書類を持って社会福祉課へお越しください。

  • 療育手帳交付等申請書
  • 印鑑
  • 現在お持ちの療育手帳

精神障害者保健福祉手帳

  • 保健福祉手帳とは?

    精神障がいを持つ人が、一定の障がいの状態にあることを証明するものです。この手帳を持っていることにより、さまざまな支援を受けることができます。

  • 対象者は?

    軽度の神経症や心身症など一部の病気や、精神科の治療対象にならない人格障がい・知的障がいなどを除き、精神科の病気があり、長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある人が対象です。

  • 障がい等級は?

    1級、2級、3級の区分です。精神疾患と日常生活や社会生活での障がいの状態の両面から総合的に判定されます。

  • 有効期限は?

    2年間です。

  • 申請をする人は?

    申請は、原則として本人が行います。本人ができない場合には、家族や医療関係者が代わりに手続きをすることができますが、その場合でも本人の名前で申請する必要があります。なお、郵送での申請も可能です。

申請に必要なもの

各種申請に必要なものを以下に掲載しています。
なお、各種申請書・同意書および診断書の様式は、市役所社会福祉課にあるほか、奈良県精神保健福祉センターからダウンロードできます。

新規申請
診断書、障害年金証書の写し、特別障害給付金受給資格者証の写しのいずれかの書類によって申請してください。

診断書による申請
  • 精神障害者保健福祉手帳交付申請書
  • 精神障害者保健福祉手帳用診断書
    初診から6ヶ月以上経過した時点のもので、市町村受理日の3か月以内に作成されているもの
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの)
    なお、写真の添付を特段の理由により希望しない場合は不要です。(ただし、写真貼付がない場合、受けられるサービスに差異が出ることがあります。
  • 印鑑

診断書による新規・更新申請の場合は、自立支援医療(精神通院)の新規・継続申請も同時に行うことができます。その際は自立支援医療の申請にかかる診断書を省略できますので、一度お問い合わせください。

障害年金証書の写しによる申請
  • 精神障害者保健福祉手帳交付申請書
  • 精神障害を事由とする障害年金証書の写し
    (年金裁定通知書の写し、直近の年金払込通知書又は年金支払通知書の写しでも可)
  • 同意書
    (精神障害を事由とする年金給付を現に受けていることを確認するため、年金事務所等へ照会します。)
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの)
  • 印鑑
特別障害給付金受給資格者証の写しによる申請
  • 精神障害者保健福祉手帳交付申請書
  • 特別障害給付金受給資格者証(または特別障害者給付金支給決定通知書)の写しによる申請
    (直近の国庫金振込(送金)通知書の写しでも可)
  • 同意書
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの)
  • 印鑑

更新
更新に必要なものは、【新規申請】時に提出いただきました書類と、現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳です。(<更新>欄に記載のない方は、写真の持参が不要な場合があります)
現在の等級を変更されたい方も、【新規申請】時に提出いただきました書類と、現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳を持って申請してください。

再交付(破れ・汚れ・紛失・写真貼付の様式への変更等)

  • 精神障害者保健福祉手帳の再交付申請書
  • 現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの)
  • 印鑑

住所が変わる場合

大和高田市内で転居・奈良県内からの転入

精神障害者保健福祉手帳記載の住所を書き換えます。

  • 精神障害者保健福祉手帳の記載事項変更届
  • 現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳
  • 印鑑
奈良県外から転入の場合

奈良県外から転入された場合、手続きを経て認定されると、奈良県の精神保健福祉手帳が新たに交付されます。

  • 精神障害者保健福祉手帳交付申請書
  • 精神障害者保健福祉手帳の記載事項変更届
  • 現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの)
  • 印鑑
転出される場合

大和高田市でのお手続きは必要ありません。転出先の自治体にお問い合わせください。

名前が変わる場合

以下の書類を持って社会福祉課へお越しください。

  • 精神障害者保健福祉手帳記載事項変更届
  • 現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳
  • 写真1枚(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身、1年以内に撮影したもの)
  • 印鑑

更新の手続きは?

有効期限の3か月前から、3か月以内まで更新の手続きができます。

更新可能期間

※手帳の有効期限が来ても、市役所から「更新してください」という通知は届きませんので、手帳による福祉制度・サービスを受けている人は十分注意してください。

写真について

写真の規定は以下の通りです。

  1. 市町村受理日の3か月以内に撮影されていること
  2. 縦4センチメートル×横3センチメートル
  3. 申請者だけが撮影されている
  4. 正面向き、無帽、無背景(影のないもの)
  5. 縁なしで顔が写真全長の概ね2/3
  6. 申請者を特定しやすい
  7. 裏面に市町村名、氏名を記入しているもの
  • 写真貼付を希望しない人は、写真の提出は不要です。ただし、受けられるサービス内容が制限される場合があります。
  • また、写真貼付の手帳を交付した場合は、更新手続きの際に新たに写真を用意する必要はありません。ただし、手帳に貼り付けている写真と現在の本人との容貌が大きく変化した場合等は、新たな写真を提出いただき、手帳の再交付が可能です。

※詳しくは、市役所社会福祉課 障害福祉係の窓口でお尋ねください。

コロナウイルス関連情報

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す