検索
検索
メニュー

市民の方へ

出産育児一時金

担当 保険医療課

国保の加入者が出産したときに出産育児一時金が支給されます。

支給額

産科医療補償制度加入の分娩機関での出産 出生児一人につき42万円
産科医療補償制度非加入の分娩機関での出産 出生児一人につき40万4,000円

支給について

直接支払制度にて支給(国保から医療機関に直接支払います)
→医療機関から請求される出産費用は、出産育児一時金を差し引いた額になります。なお、出産費用が 出産育児一時金の支給額内で収まった場合は、申請により差額を支給します。

ご注意とご案内

  1. 妊娠85日以上の場合であれば、死産・流産の場合でも支給されます。(39万円を支給)
  2. 加入者(分娩者)が国保加入前に職場の健康保険に本人として1年以上加入しており、退職後6か月以内に出産した場合は、職場の健康保険より支給されます。
  3. 請求権は2年で時効となり、申請ができなくなりますのでご注意ください。

申請時に必要なもの

  1. 保険証
  2. 印鑑
  3. 母子健康手帳
  • 直接支払制度を利用せず全額出産費用を支払った場合や、出産費用が出産育児一時金の支給額内で収まった場合は、医療機関の領収証と振込先口座のわかる書類(通帳など)もお持ちください。
  • 死産・流産の場合は「医師の証明書」もお持ちください。

コロナウイルス関連情報

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す