検索
検索
メニュー

市民の方へ

新型コロナウイルス関連情報

担当 新型コロナウイルス感染症対策本部

  • 新型コロナウイルス関連情報一覧はこちら
  • ワクチン接種情報はこちら
  • 新型コロナウイルス感染症患者の発表状況はこちら

緊急事態宣言解除と市独自施策の実施について

4月25日に発出されました国による緊急事態宣言は、9月30日をもってそのすべてが解除され、同日、奈良県による「緊急対処措置」も解除となりました。全国的に新規感染者数が減少傾向になっているものの、コロナ禍の影響を受けておられる方がたくさんおられ、先行きが見えない状況が今もなお続いております。今後、第6波が来る可能性もあり、まだ予断を許さない状況です。
引き続き、感染防止対策の徹底と不要不急の外出などを控えていただくことが重要であると考えております。長期的なお願いとなりますが、市民の皆さま一人ひとりが、守っていただきますようよろしくお願いいたします。
また、厚生労働省(新型コロナワクチンQ&A)によりますと日本で接種が行われている新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果が期待されています。
現在、本市ワクチン接種率(9月30日現在2回接種済み)は、58.4%で奈良県全体の接種率よりも下回っている状況です。
市が実施しております集団接種につきましては、まだ予約していただくことができますので、12歳以上の人で接種を希望される人は、事前予約をし接種していただきますようお願いいたします。
市民の皆さまには、様々な情報に惑わされず、正しい知識と情報を身に着け、ワクチン接種の必要性についてご理解いただきたいと思います。

10月に入り、本市としたしましては、コロナ禍により影響を受けておられる家計の支援とともに、大きな打撃を受けておられる市内事業者の皆さまを支援するため、市独自施策として「大和高田市みくちゃんプレミアム付商品券事業」を実施いたします。順次、市民の皆さまを対象に「購入引換券」を送付いたしますので、ぜひ、ご利用いただきたいと思います。

今後も、市民の皆さまのご協力をいただきながら、コロナ禍からの早期脱却に向け精一杯頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

令和3年10月1日

大和高田市長 堀内 大造

新型コロナワクチン集団接種
大和高田市みくちゃんプレミアム付商品券事業

若年層のワクチン接種について

依然として、全国的にも奈良県においても新型コロナウイルスの感染者が高止まりしている状況です。
本市におきましては、8月1ヶ月間の新規感染者数は、過去最高となり年代別内訳をみると40歳代以下の感染者数が全体の約8割を占めております。
厚生労働省によりますと、ワクチン接種は感染しにくくなり、仮に感染してもウイルス量を低く抑える効果が知られているため、同居する家族や友人、同僚を守る効果も期待でき、また、新型コロナウイルスのワクチン接種の効果により、65歳以上の高齢者について、7月から8月に死者は最大でおよそ8,400人、感染者は10万人以上抑えられた可能性があるとのことです。
本市におけるワクチン接種につきましては、これまで集団接種はもちろん、関係団体等のご協力をいただきながら個別接種や県による大規模接種等速やかなワクチン接種に努めており、現在、市で実施中の集団接種は、12歳以上の希望される人全てを対象としているところです。接種率が低い状況であるとの報道もありますが、集団接種予約には余裕がございますので、市民の皆さまには様々な情報に惑わされず、正しい知識と情報を身につけ、感染拡大の状況を踏まえワクチン接種の必要性についてご理解いただきたいと思います。
また、感染拡大防止対策の徹底と不要不急の外出は、引き続き控えていただきますよう、よろしくお願いいたします。

令和3年9月10日

大和高田市長 堀内 大造

市が行う集団接種の日程について
「新型コロナワクチンQ&A」(厚生労働省)
若者のワクチン接種、メリットとデメリットの考え方(厚生労働省)

大和高田市職員における新型コロナウイルス感染者の発生について

大和高田市職員1名が、新型コロナウイルス感染症の陽性者であることが判明いたしましたので、下記のとおり、概要、対応等について報告いたします。

感染者
市民生活部の出先機関に勤務の40代女性1人
現在の状況
軽症
推定感染経路
調査中
経過、市の対応等
当該職員は、8月28日に検査を受け、陽性が判明いたしました。当該施設につきましては、既に消毒を行っております。なお、この職員からの聞き取りにおいて、職務上の濃厚接触はなかったとのことです。
また、当該職員が勤務する施設においては、発熱等の異常を訴えている職員はございません。

令和3年8月30日

大和高田市新型コロナウイルス感染症対策本部

新型コロナウイルス感染症対策の緊急要望について

第5波と思われる、デルタ株などの変異株による新型コロナウイルス感染症の感染者が急激に拡大しており、政府は、8月27日より新たに緊急事態宣言対象地域を8道県追加し、21都道府県となりました。
また、まん延防止等重点措置は、4県を追加し12県になっている状況です。
現在、奈良県におきましては、「奈良県緊急対処措置」が実行されておりますが、過去にない「危機的な状況」が続いており、本市におきましても新規感染者が日々増加傾向となっております。
このような状況を踏まえ、奈良県市長会におきまして8月27日、以下についての緊急要望を奈良県に提出いたしました。
1.保健所業務体制の強化について
2.入院病床及び宿泊療養施設の確保と高度化について
3.接種ワクチンの安定供給と若年層への接種促進施策について
4.ウィズコロナ、アフターコロナを踏まえた経済活動振興と推進について
5.積極的な情報発信について

この難局を乗り越え、市民の皆さまが安心して通常の生活に戻ることができるよう奈良県に対し要望 し、本市におきましても支援策等を実施してまいりたいと考えております。
長期に渡りますが、市民の皆さまには、基本的な感染防止対策の実施や不要不急の外出は控えていただきますよう重ねてお願いいたします。

令和3年8月27日

大和高田市長 堀内 大造

新型コロナウイルス感染症の感染拡大について

全国的に新型コロナウイルスの感染者が急速に拡大しており、1日あたりの感染者数が最多となる地域が増えております。奈良県においては、7月下旬以降急増しており、本市におきましても8月に入り、1日あたりの感染者数が過去最多を記録するなど、かつてない勢いで感染が拡大しております。政府によるとこの拡大は、感染力の高いデルタ株などの変異株によるものと分析されており、特に若年層の感染者数が増えているのが特徴的です。
現在、新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」が全国の29都道府県に発令されており、奈良県では、県独自の「奈良県緊急対処措置」が実行されております。
 このような状況を抑えるためには、感染防止対策に加えワクチン接種が鍵と期待されており、本市でも8月27日8時30分からは、すべての接種対象者(12歳以上)の予約を可能といたします。
市民の皆さまには、コロナ禍からの脱却に向けたワクチン接種にご理解、ご協力いただきますとともに今まで以上に「危機的な状況」であることを念頭に置いてあらゆる場面での適切な行動をお願いいたします。
引き続き、感染予防対策として「3密(密集・密接・密閉)の回避」「マスクの着用」「手洗い・うがい」「手指の消毒」「こまめな換気」など基本的な対策の徹底とともに不要不急の外出を避け、自身や家族の身を守る行動をとっていただきますよう強くお願いいたします。

令和3年8月23日

大和高田市長 堀内 大造

新型コロナウイルス関連情報一覧

公共施設等対応状況

市民の皆さまへ

子育て関係

事業者の皆さまへ

税金等公共料金関係

参考ページ(外部サイト)

コロナウイルス関連情報

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す