検索
検索
メニュー

市民の方へ

黄熱

担当 健康増進課

症状

黄熱ウイルスを持った蚊がヒトを吸血することで感染し、主として、発熱、頭痛、寒気、筋肉痛、背部痛、悪心・嘔吐などの症状が見られます。更に一部の患者で重症化し、適切な治療を行わないと死に至る場合があります。

流行地域

アフリカ南部アンゴラを中心
ブラジル エスピリト・サント州、バイーア州、リオデジャネイロ州のそれぞれ一部

予防対策

長袖、長ズボンの着用や、定期的な蚊の忌避剤(虫除けスプレー等)の使用などにより、蚊に刺されないように注意してください。
生後9か月以上の流行地域への渡航者は、黄熱の予防接種を受けましょう。

治療等

特別な治療法はなく、症状を軽くするための対症療法となります。症状が重症化すると、いくつもの臓器からの出血や黄疸をおこします。致死率の高い病気です。

参考外部リンク

FORTH(厚生労働省検疫所)

コロナウイルス関連情報

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す