検索
検索
メニュー

市民の方へ

保育所・こども園(保育認定)の利用要件

担当 保育課

保育所・こども園(保育認定)を利用するための「保育認定」を受けることができるのは、父母等(父母と別居している場合は子どもの面倒を見ている人)に、「子どもの保育を必要とする理由」があると認められる次のような場合です。
※「下の子に手がかかる」「集団生活に慣れさせたい」等の理由での利用はできません。

1、就労
 月48時間以上の就労
2、求職活動
 3か月の期限付きの利用
3、妊娠・出産
 出産予定月の前2か月、後2か月の期限付きの利用(合計5か月)
4、疾病・障害
 医師により保育ができないことが診断された場合
5、介護・看護
 親族の入院の付き添いや看護等
6、災害復旧
 火災、風水害等で家屋の復旧にあたっている場合
7、就学
 専門学校・大学等に通学している場合

※上記の要件を満たし利用の申請をしても、次の場合には入所(園)ができません。
 ・申請内容に虚偽があった場合 → 利用(認定)の取り消しとなります。 
 ・定員に余裕がない場合等 → 他の施設等の利用や利用不承諾となる場合があります。
※子どもの祖父母が同居している場合でも利用申請は可能ですが、65歳未満の同居の祖父母に保育を必要とする理由がない場合、利用の優先順位が下がる場合があります。次年度からの利用を希望する人で、同居の祖父母にも保育を必要とする理由がある場合は、祖父母も保育理由証明書を提出してください。
※年度途中に出産し、その後育児休業により休職する場合、出産から1年間に限り、すでに在籍している児童は利用を継続できます(育児休業の対象となる子どもの産前2ヶ月より前から在籍していた継続児童のみ)。また、小学校就学前である5歳児クラスの児童も、卒園まで利用できます。それらの場合以外で、家庭で子どもを見られる状況となった場合、退所(園)となります。

コロナウイルス関連情報

公共施設マップ

大和高田市観光情報

ふるさと応援寄附金

大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

大和高田市例規集

携帯サイト

  • 組織から探す