乳幼児(生後6か月から4歳以下の人)への新型コロナワクチン接種について

更新日:2022年11月04日

乳幼児接種の概要

接種対象者

生後6か月から4歳以下の人

接種回数

3回(筋肉内注射)
通常、三角筋中央部又は大腿前外側部(太ももの外側)に接種します。1歳未満は、大腿前外側部(太ももの外側)に筋肉注射します。

(注意)3回の接種を受けることで初回接種が完了します。
(注意)3回の接種が完了する前に5歳になった場合は、1回目と同じ乳幼児用のワクチンを使用して3回目まで接種を受ける必要があります。

接種間隔

1回目の接種から3週間の間隔をおいて2回目を接種。

2回目の接種から8週間以上の間隔をおいて3回目を接種。

(注意)1回目の接種から3週間を超えた場合または2回目の接種から8週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目または3回目接種を受けてください。

使用するワクチン

ファイザー社製ワクチン(6か月~4歳用)
小児用ワクチンと比較して有効成分の量が3分の1以下となっています。

接種費用

無料(全額公費)

実施期間

令和5年3月31日まで

(注意)現時点で、接種を受けることのできる期間内に接種を完了するためには、原則として令和5年1月13日までに1回目接種を受ける必要があります。

接種券について

乳幼児接種を希望される場合は、接種券を送付しますので、大和高田市新型コロナワクチンコールセンターまでご連絡ください。

大和高田市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号 050-3530-9968

受付時間 平日8時30分~17時15分
 

接種券に同封している資料

接種券に以下の資料を同封しておりますので、よくお読みになってからご検討してください。

乳幼児接種を実施する医療機関について

乳幼児接種を希望される人は、市内協力医療機関で接種を受けていただきます。
市内協力医療機関と日程につきましては、下記のリンクページよりご確認ください。

ワクチン接種は強制ではありません

新型コロナワクチン接種は、強制ではありませんが、感染のまん延状況やワクチンの有効性等を踏まえ、予防接種法上の「努力義務」が適用されました。

ワクチンを受けるかどうかは、ワクチン接種により「期待される効果」と「副反応等のリスク」の双方を正しく理解したうえで、保護者の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いいたします。
また、乳幼児のワクチン接種には、保護者の同意が必要です。保護者の同意なく接種が行われることはありません。

身体的な理由や様々な事情によって接種できない人や接種を望まない人もいます。周りの人へ接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な扱いをしないようお願いいたします。

注意事項

  • 新型コロナワクチン接種は、強制ではありません。
    感染予防の効果と副反応のリスクをご理解いただいたうえで、ご判断ください。
  • 基礎疾患(アレルギー疾患、けいれん性疾患、免疫異常などの血液疾患等)で定期的に通院治療されている人は、まずはかかりつけ医にご相談ください。相談する場合は、個別に電話で医療機関に問い合わせることはお控えいただき、可能な限り定期受診の際にご相談ください。
  • 接種には、必ず保護者の同伴と予診票の署名欄に保護者の署名が必要です。
  • 接種当日は母子健康手帳をお持ちください。
  • 他の予防接種を行う場合、新型コロナワクチン接種から13日以上の間隔をあける必要があります。
  • 乳幼児用ワクチンで1回目の接種後、2回目または3回目接種までに5歳になった人は、2回目または3回目の接種も乳幼児用ワクチンの接種となります。
  • 問診結果等により接種を見合わせ、診療情報提供書を用いて他の医療機関へ接種を依頼する場合や、接種前に他の傷病に対する診察を行う場合は、別途費用が発生することがあります。

この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナワクチン接種推進班(健康増進課内)

問い合わせは下記へ。
大和高田市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:050-3530-9968