勇気を出して話してください

更新日:2022年01月21日

しんどいな…、つらい、消えてしまいたい、楽しくない、楽しめない、眠れない
絆創膏が貼ってある悲しい表情をしたハートマークのイラスト

新型コロナウイルス感染症の影響により、生活様式が変わり、今後の生活に不安を感じている方も多いのではないかと思います。自分では気づいていなくても些細なことで不安や苛立ちを感じたり、不眠や食欲の増減など、体調の変化がみられたりした場合、こころが疲れているサインかもしれません。どうか1人で悩みを抱え込まず、まずは家族やご友人、職場の同僚など身近な人に相談をしてください。身近な人に相談しづらい、相談できる人が周りにいないときは、相談窓口で、あなたの不安やつらい気持ちを伝えてください。

電話や対面が中心の相談窓口

  • 心身の健康に関する相談(大和高田市保健センター)
    • 時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
    • 電話番号:0745-23-6661
  • ならこころのホットラインWith コロナ
    • 時間:平日夜間午後4時~8時、土曜日、日曜日、祝日午前9時~午後8時
    • 電話番号:0742-81-8527
  • ならこころのホットライン
    • 時間:平日午前9時~午後4時
    • 電話番号:0744-46-5563
  • 24時間 ホットライン 奈良いのちの電話
    • 時間:24時間 年中無休
    • 電話番号:0742-35-1000

(注意)回線に限りがあるため、電話が通じにくい場合があります。ご了承ください。

LINEやチャットも可能な相談窓口

この記事に関するお問い合わせ先

保健部 健康増進課

大和高田市西町1-45(保健センター内)
電話番号:0745-23-6661

お問い合わせはこちら