国民年金保険料の納め方

更新日:2022年05月27日

令和4年度定額保険料は、16,590円(月額)です。
保険料の納付期限は翌月末(例えば4月分は5月末まで)です。

(注意)保険料を未納のまま放置すると、強制徴収によって、被保険者はもとより連帯納付義務者である世帯主または配偶者の財産が差し押さえられることがあります。また、納付期限の翌日から法の定める延滞金が課せられることがあります。

年金額が増える「付加保険料」

定額保険料に付加保険料(月額400円)をプラスして納めることで、受給する年金額を増やすことができます。
例えば、20歳以上60歳未満の40年間、付加保険料を納めていた場合の受取額は
付加保険料400円×480月(40年)=192,000円
付加年金額200円×480月(40年)=96,000円

  • (注意)毎年受給する老齢基礎年金額に、96,000円が加算されます。
  • (注意)年金を受け取り始めて2年で、納めた付加保険料の合計額に見合う付加年金額を受け取ることができます。

国民年金保険料は支払方法が選べます

  1. 納付書による支払い
    • 金融機関、郵便局、コンビニエンスストア等の窓口、または電子納付(ペイジー、インターネットバンキング等)で納付できます。
    • 納付書で一定期間の保険料をまとめて納める「前納」にすると保険料が割引になります。
  2. 口座振替による継続的な支払い(口座からの引き落とし)
    • 口座振替による納付は、翌月末振替と当月末に口座振替する「早割」があり、「早割」は月額50円の割引になります。
    • 口座振替による前納は、6カ月前納、1年前納、2年前納があり、現金での前納に比べて割引額は多くなります。前納申込期限は、6カ月前納は2月末・8月末の2回、1年前納と2年前納は、2月末です。
  3. クレジットカードによる継続的な支払い
    • 当月分の保険料を当月末にクレジットカード会社が立替納付を行います(割引はありません)。
    • クレジットカードによる前納は、6カ月前納、1年前納、2年前納があり、現金前納の割引額と同じです。前納申込期限は、6カ月前納は2月末・8月末の2回、1年前納と2年前納は、2月末です。

「口座振替」と「現金納付」の割引額の比較

  • 早割(当月末振替):口座振替50円(口座振替のみで現金納付にはありません)
  • 6カ月前納:口座振替1,130円 現金納付810円
  • 1年前納:口座振替4,170円 現金納付3,530円
  • 2年前納:口座振替15,790円 現金納付14,540円

(注意)通常の納付(翌月末振替・納付)は、口座振替と現金納付ともに割引はありません。

手続きは

国民年金に加入した場合、後日、「国民年金保険料納付書」が郵送されます。保険料は「納付期限」までに納めてください。
口座振替、クレジットカード納付が希望の場合は、口座振替等の納付申出書の提出が必要です。届出に必要な書類等を確認したうえで、マイナンバーカードや年金手帳等の身分証明書を持参し、手続きをしてください。

問い合わせ・手続き先は

大和高田市役所 市民課年金係
〒635-8511 大和高田市大字大中98番地4
電話番号 0745-22-1101 内線1330

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課

大和高田市大字大中98番地4(市役所1階)
電話番号:0745-22-1101

お問い合わせはこちら